かねなか酒店
かねなか酒店
かねなか酒店

something happy
菅浦の八朔(はっさく)
ハッピー太郎醸造所
〔容量〕480ml

販売価格 2,300円(税込2,530円)
購入数

八朔のオリジナル”どぶろく”

地元長浜で醸造される琵琶湖にほど近い「湖のスコーレ」内の醸造所・ハッピー太郎醸造所の”どぶろく”です。

琵琶湖と山々に包まれた奥びわ湖の隠れ里・菅浦。
最北端ではあるものの、南向きということもあり比較的温暖でかんきつ栽培が盛んでした。
かくれ里だからこそ、一つの集落で国のようになんでも集落内で賄っていたようで、それが記されている「菅浦文書」は国宝に指定されています。
過疎や獣害で荒廃が進む現在において、「消えつつある景観と味わいをこれからも」その思いで活動する人達の手入れと自然の力で実りをつけた「ど根性の八朔」を活かし、八朔の粒感を残すために「粒」のどぶろくになりました。
咀嚼したくなる程度の粒感で、そうすると八朔が口の中で弾くようにプチプチとなり、そして八朔ならではの苦味が糀の甘さと合わさった長い余韻が美しく続きます。

濃度感としては、後味が糀よりも八朔がしっかり感じられ、余韻は長く喉のすべりがよく、
飲んだ時はあっさりしていても、口のなかのフレーバーや後味が心地よくてもういっぱい飲みたくなります。
力強い菅浦の八朔らしい後味のどぶろくに仕上がっています。

「クラフトSAKE」と呼ばれる、清酒ではないが、清酒と同じニッポンの「米と麹の酒」。その中で、米をしぼらず余さず酒にするのが”どぶろく”。日本酒の原点でもあり、その昔は日本各地でも民間で自由に造られていた時代があった。当時の「最小限の設備で造りたい酒を自由に造る」というそのマインドに共鳴するクラフトSAKEの造り手たちは多く、続々とどぶろく醸造にも挑戦。これまでとは一線を画した、個性の際立ったどぶろくが飲めるようになっている。その筆頭が、「ハッピー太郎醸造所」です。
味噌や甘酒の糀製造を手がける「ハッピー太郎醸造所」の代表・ハッピー太郎こと池島幸太郎さんが、発酵食品の製造技術を生かした念願の“どぶろく”造りをスタートさせました。

ラベルは、ハッピー太郎さんのどぶろくに込める想いをもとに、切り絵作家・早川鉄兵さんがオリジナルで制作くださいました。
和紙の台紙に、田んぼの護り神である「狐」に「稲穂」があしらわれています。

※開栓してもしっかり封をしていただけたら、比較的長く微炭酸でお楽しみいただけます。

製造元/ハッピー太郎醸造所(滋賀県長浜市)
保存/要冷蔵
配送/常温便発送です。クール便をご希望は配送方法選択時にクール便をご選択ください
■原料米:米麹(国産)米(国産)、八朔(国産)
■アルコール度数:6度
※数値は多少変動する場合があります


※当店では実店舗と併売させて頂いているため、在庫切れと表示されていない場合でもタイミングによって 在庫切れとなる場合もございます。品切れの場合は当店よりメールかお電話にてご連絡させて頂きます。