かねなか酒店
かねなか酒店
かねなか酒店

松の司
産土(うぶすな)

〔容量〕1800ml

販売価格 1,950円(税込2,106円)
購入数

純米仕込みの普通酒

2018滋賀の地酒の祭典にて”普通酒の部”にて『びわこ賞』を受賞。
「おいしいと感じるお酒」を判断基準とし、滋賀県でつくられた94点の地酒をきき酒。
部門ごとに得票の多かったお酒に「びわこ賞」が贈られます。


"特選(伝承)""本仕込(本醸造)"に変わる新たな普通酒"産土【うぶすな】"が発売されました。
「本仕込」や「伝承」では醸造アルコールが添加されていましたが、「産土」の原料は米・米麹のみの「純米」造りになりました。

松瀬酒造では以前より厳しい選別基準で酒米を選定されていましたが、2016年より竜王町産の酒米(山田錦、吟吹雪、渡船)の選別基準を更に厳しいものに変更されました。
どのように厳しくされたかというと、選別時に米を通過させる網目の大きさを大きく変更されました。
網目を大きくしたことで、以前よりも抜け落ちる米が増え(酒米は大粒なものほど優良米とされています)、
今までは基準内の米でも基準外となり、蔵元独自の選考基準としては等外米の扱いとなります。
その結果、優良な選別除外の酒米が生じることとなり、この選別除外米を活かした普通酒が"産土"となります。
しかし、等外米といっても、基準が高く、更に種類は竜王町産「山田錦」「渡船」「吟吹雪」です。
昨年まで基準をクリアしたサイズも当然含まれており、上級酒に使う米と同じ田んぼから収穫した米ですから高い品質であることは間違いありません。
選別除外米ではありますが、普通酒に「山田錦」や「渡船」を使うのは、かなり高い品質と言えます。
ほんのわずかに米粒が小さいだけで、この選別除外米は"純米酒"という特定名称を名乗ることができません。
しかし、この土地で生まれた恵みを大切に考え、日本酒の本質を目指した純米仕込みの普通酒です。
日本酒の本来の姿や本質を追求し、醸造アルコール無添加=純米造りの”普通酒”へと「松の司」は踏み出しました。

辞書によると"産土"とは、
・人の生まれた土地「-の神」
・生まれた土地の守り神
・「産土神/うぶすながみ」の略  などとあります。
竜王という土地との繋がりを大切に、『この土地に感謝し、この土地で育まれた米、その米から生まれた酒で感謝を還す』という思いを込めて"産土【うぶすな】"と命名されたそうです。
そんな想いから生まれた"産土"は、普通酒ながらも蔵元の思いと技術がしっかりと込められています。

「松の司」の純米酒や特別純米酒にも負けない香りや味わいがあり、なめらかな喉ごしに後口も良く、
全体的に軽快で酸やコクのバランスも良いお酒です。
価格以上に価値のある「旨い」普通酒です。

製造元/松瀬酒造(滋賀県竜王町)
特定名称/普通酒
保存/静かな冷暗所
配送/普通便発送です クール便をご希望はこちらから。
■タイプ:芳醇
■原料米:国産米100%使用
■精米歩合:65% 
■アルコール度数:15度以上16度未満
■日本酒度:+1
■酸度:1.4
※数値は多少変動する場合があります


※当店では実店舗と併売させて頂いているため、在庫切れと表示されていない場合でもタイミングによって 在庫切れとなる場合もございます。品切れの場合は当店よりメールかお電話にてご連絡させて頂きます。